問い合わせ先:
〒755-8505 
山口県宇部市南小串1-1-1
山口大学総合科学実験センター
資源開発分野(遺伝子実験施設)

Tel: 0836-22-2183(施設長室)
   0836-22-2184(研究室)
Fax: 0836-22-2185

E-mail:

(2021.2.22更新)
新着情報

*お知らせ*
(2021.3.1)

遺伝子実験施設利用者のみなさまへ

いつも遺伝子実験施設をご利用いただきありがとうございます。

基幹・環境整備(高圧配電盤更新)工事に伴い下記の日程で停電が実施されます。
※例年の年次点検に伴う停電作業とは異なり、すべてのコンセント・電源が停電します。

停電時にはエレベーター・空調機・自動ドアを使用することが出来ません。

共同研究棟の停電日時
令和3年3月 7日(日)  8時50分から8時53分
(共同研究棟エレベーターは8時40分から8時55分まで停止)

xCELLigenceやBio Stationのようなリアルタイム測定機器をご利用の場合はご注意下さい。


*お知らせ*
(2021.1.19)

遺伝子実験施設利用者のみなさまへ

遺伝子実験施設・3階 細胞構造解析室のIN Cell Analyser (GEヘルスケア) について
イニシャライズ時に不具合が発生し、使用できない状態になっています。

修理までの間しばらくお待ちください。


>>新着情報バックナンバー

研究成果

*施設教員の共同研究論文が受理されました。
(2020.12.11)
Harada, K., et al, Effects of an elemental diet, Elental(R), may differ between healthy oral cells and oral cancer cells,, Oncol. Rep., in press (2020), (IF=3.417)

*施設教員の共同研究論文が受理されました。
(2020.11.27)
Matsumura T,et al., Liver-specific dysregulation of clock-controlled output signal impairs energy metabolism in liver and muscle., Biochem Biophys Res Commun., (2020), (IF=2.985)

*施設教員の論文が受理されました。
(2020.11.26)
Isayama, K., et al, Standardization of an LNA-based TaqMan assay qPCR analysis for Aspiculuris tetraptera DNA in mouse faeces, BMC Microbiol., in press (2020) (IF=3.129)

*施設教員の共同研究論文が受理されました。
(2020.10.29)
Kohno, M., et al, Defective interaction between calmodulin and cardiac ryanodine receptor induces hypertrophic signaling, Communi. Biol., in press (2020) (IF 10-12.5)

*施設教員の共同研究論文が受理されました。
(2020.5.22)
Harada, K., et al, Elemental diet directly affects chemotherapy‐induced dermatitis and raw wound areas, Mol. Clin. Oncol., 13(2):209-215, (2020) (IF 0-2.5)

*施設教員の共同研究論文が受理されました。
(2019.8.15)
Yamauchi, A., et al, Porcine placental extract facilitates memory and learning in aged mice, Food Science & Nutrition 15,7(9), 2995-3005, (2019) (IF=1.900)

*施設教員の論文が受理されました。
(2018.11.1)
この論文では、次世代シーケンサーを用いて16名の乳癌組織のタンパクをコードしている全遺伝子変異を明らかにしています。今回、発見された転写抑制因子SIN3Aの変異が女性ホルモンであるエストロゲン受容体を誘導し細胞増殖を引き起こしていることが解明され、乳癌の治療の新たな治療標的となる可能性を示しています。
Watanabe, et al., A novel somatic mutation of SIN3A detected in breast cancer by whole-exome sequencing enhances cell proliferation through ERα expression., Scientific Reports, in press (2018) (IF=4.122)

*施設教員の共著論文が掲載されました。
(2018.7.12)
Harada K, et al., Elemental diet inhibits pro inflammatory cytokine production in keratinocytes through the suppression of NF-κB activation., Oncol. Rep., 40, 361-368, (2018) Jul (IF=2.662)

*施設教員の共同研究論文が受理されました。
(2018.1.17)
Fukui, T., et al, A comparison of the protective effects of direct ischemic preconditioning and remote ischemic preconditioning in a transient spinal cord ischemia model in rabbits., J. Anesthesia., in press, (2017,Nov 1) (IF=1.399)

>>研究成果バックナンバー