トップページへ

 

研究支援推進事業

山口大学遺伝子実験施設では、平成11年度より文部科学省の研究支援特別経費の予算を獲得し、以下の研究支援推進事業を立ち上げました。開始からこれまでの約11年間で多くの方にご利用いただき、遺伝子実験施設になくてはならないサービスの一つとして定着しつつあります。今後ともさらなるご利用を心よりお願い申し上げます。


業務内容

塩基配列決定業務

プラスミドまたは、PCR産物の塩基配列をABI3130、ABI377、ABI310 DNAシークエンサーにより塩基配列を決定いたします。サンプルは、未反応または、反応済みのサンプルを受け付けています。

(1)サンプルについて
DNAシークエンス解析 未反応 1,400円 (平成23年2月1日価格改定 旧価格2,500 円)
DNAシークエンス解析 反応済み 380円 (平成23年2月1日価格改定 旧価格300 円)

フラグメント解析 200円 (平成23年2月1日価格改定 旧価格250 円)

[サンプルの提出方法]
未反応サンプル double-strand DNA 150-300ng/ul 5ul 以上
PCR産物 (100-200bp) 1-3ng/ul 5ul 以上             
PCR産物(200-500bp) 3-10ng/ul 5ul 以上             
PCR産物 (500-1000bp) 10-40ng/ul 5ul 以上       
PCR産物 (>2000bp) 20-50ng/ul 5ul 以上

プライマー  1pmol/ul 10ul 以上

★平成23年2月1日以降は、サンプル濃度の再測定を当施設では行わず、直接反応を行います。サン プル濃度については十分ご注意ください。

シークエンス反応キットは3130シーケンサーを使用する都合上、Big Dye Terminator v3.1 Cycle Sequencing Kit (Code No.4337455)を用いて反応を行って下さい。サンプルはシーケンス反応後、エタノール沈殿又はカラムで精製したものを乾燥させた状態でお持ち下さい。
BigDye Terminator Cycle Sequencing Kit専用のシークエンス反応後、dye除去精製キットの発売に際し、施設でもこの精製キットの対応を開始しましたので、詳細はこちらをご参照ください。このキットは、反応済みのサンプルに試薬を添加して攪拌、遠心と比較的簡単な操作で精製が可能です。この精製法は、シグナルも強く初めて実験される方でも安定した結果を得ることができます。

シークエンス反応、精製については、プロトコールをご参照ください。

(2)データの受け渡し方法
データが出次第、ご連絡致します。ご希望により、以下の方法でデータの受け渡しが選択できます。
1. USBに波形データ及びテキストデータをコピーしてお渡し

2. E-mailにて添付書類で波形データ及びテキストデータお送りいたします。


(3)ご利用方法
シークエンスを依頼される方は、申し込み用紙に必要事項をご記入の上、未反応サンプルについてはDNAとプライマー(濃度を記入)をご持参下さい。また、ご希望される方は、USBを下記の受付時間にご持参下さい。

(4)受付時間
月曜〜金曜日のam 10:00〜pm 3:30の間に遺伝子実験施設までサンプルをお持ち下さい。また、施設職員が不在の場合がありますので、サンプルを持ってこられる方は、予め 内線2184の芝田または畑中にご連絡下さい。

(5)お支払い方法についてはこちら。


高形質転換効率大腸菌供給業務

高形質転換効率大腸菌細胞(JM109株コンピーテントセル : 1.0 x 107-8/μg以上)を300μl を1本200円で供給いたします (販売は10本単位となります)。

ご利用方法
供給を希望される方は、申し込み用紙に必要事項をご記入の上、以下の手順にてお申し込み下さい。

・申込み、受け渡し方法について(小串地区)
(1)事前に遺伝子実験施設(内線2184)へ在庫確認
(2)確認後、申込み用紙と液体窒素または氷を持参の上、遺伝子実験施設へ

・申込み、受け渡し方法について(吉田地区)

(1)事前に遺伝子実験施設(内線2184)へ在庫確認
(2)申込み用紙をe-mail、または学内便にて送付
(3)申込み用紙を確認したことを連絡させて頂きます
(4)事前に吉田地区、アイソトープ分析施設の真野先生(内線5945)へ受け取りに伺うことを連絡。液体窒素または氷を持参の上、吉田地区アイソトープ分析施設へ

お願い

本サービスは、文部科学省による研究支援特別経費により研究支援推進員の雇用経費が賄われています。よって、利用者には研究成果発表の際の謝辞/別冊提出をお願いしております。また、以下の文書を発表論文に書き込んでいただければ幸いです。

Acknowledgment
The authors would like to acknowledge the
technical expertise of The DNA Core facility of
the Center for Gene Research, Yamaguchi
University, supported by a grant-in-aid from the
Ministry of Education, Science, Sports and
Culture of Japan.


問い合わせ先:
〒755-8505 山口県宇部市南小串1-1-1
山口大学総合科学実験センター 資源開発分野(遺伝子実験施設)
Tel: 0836-22-2184
Fax: 0836-22-2185
E-mail:
担当 : 芝田 or 畑中 まで

トップページへ